スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

子供の矯正について

 2011-08-09
 夏休みに入り、時間がとれるようになると、皆さん子供の矯正について考えられ御相談を受けることが多くなります。

 よく聞かれることは いつ始めたらいいのか?  ということです。

 矯正をするのにいい時期は私は(先生ごとに考えは違います)後で述べる二つの時期がいいかと考えています。
もちろん独断ではなく いろいろ勉強した結論です。

 一つ目は8~11歳の混合歯列期 乳歯と永久歯が混然とした時期です。
この時期は歯を支える骨も活発に反応し、歯を動かすと骨もついてきて骨のボリュームを減らさず歯を動かせます。治療としては床装置(入れ歯のような矯正器具)を使って歯を誘導していく矯正。
 
 二つ目は16歳以降(高1以降)です。
この時期は中学生の骨成長期もほぼ終わり、極端に歯を支える骨が変わらない時期なので 安定して本格的な矯正が行えるからです。この時期は いわゆる金具をつける通常の矯正になります。

 もちろん成人になってからでも矯正は可能で 50代前半の方でも状態がよければ矯正で歯並びをきれいにされています。
 
 歯並びが気になるようでしたら悩む前に御相談された方が早いですよ。


 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mdchiroshima.blog78.fc2.com/tb.php/407-a03974c4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。